Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
500 Days of Summer
500 Days of Summer (JUGEMレビュー »)
Mychael Danna,Rob Simonsen
一曲ごとに表情が違い、違う世界に連れてってくれる。常にまわってる一枚です。
Keep on traveling(DVD付)
Keep on traveling(DVD付) (JUGEMレビュー »)
真心ブラザーズ
大切なことを心地よく歌ってくれる。朝も昼も夜も一緒にいたい曲ばかりです。

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

tekuteku。

サバち的、忘れたくない日常のおぼえがき。
仕事、子育ての内容多めです。
<< 振り返り | main | 孤独と向き合う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
孤独と向き合う

出産後の私は、完全にメンタルが崩壊してんだと思う。

「マタニティブルー」とか「産後うつ(これは、これからもなる可能性があるのか)」という症状を

本やネットで目にしていたので、

毎日でる涙も、不安な気持ちも、そうすべて「ホルモン」のせいだ!と言い聞かせていた。

おいおい泣く私に助産師さんや看護師さんは、

私が「育児や今後の生活に対する不安」を抱えて泣いていると心配してくれて

子供とも生活や授乳方法などを優しく何度も教えてくれて、とてもありがたかった。

 

でも、私が感じていた不安は、本やネットで読んでいたソレとは、違った。

一言でいうと、「孤独」だった。

 

私は、出産のため、出産予定日の一か月前から入院したのだけど、

入院日の前の週、本当にぎりぎりまで、残業までして働いていた。

職場には私の場所があった。

仲間がいて、まじめに働いていれば、ある程度認めてもらえる環境にあった。

そこから、どっかーんとほおりだされて、自分が社会から孤立した様な気持ちになって、

そう、誰にも認められない今の状況が「孤独」でたまらなかった。

あまりに泣く私に困っていた相方に、出産6日後に「仕事に戻りたい」といいだす始末。

 

朝になると、町が一日を始めるために動き出し、信号や車の音、人が行きかう気配を窓越しに感じ、

その都度、自分が社会から置いてけぼりにされている気がして、寂しくて悲しくてたまらなかった。

夕方になると、夕焼けで町がぼんやりして、あったかく町が終わっていく空気が漂っていて

自分の時間が止まっているのに、時間が流れていくのが怖くて、また泣いた。

 

でも、

母親になるのは素晴らしいこと、子供を育てていくのに幸せを感じていこう等、本やネットにはそんなことばっかり

書いてあって、自分の抱えているこの気持ちは「いけないこと」の様な気がしていた。

 

形はいろいろだけど、働く女の人が多くなってきた現代では、

出産により、私が感じた「孤独」と同じ気持ちになった人は多いんじゃないかな。

頭ではわかってるし、育児がうまくいかないことだらけ、なんてことも十分承知だけど

ただ、今まで社会であった「自分の場所」からほおりだされて、認められていた環境もなくなって

不安になっただけ。それって、当たり前の感情なんだよね。

 

だから、孤独を感じてしまった時は、それが「いけないこと」だと思わないでほしい。

少なくとも私は「いけないこと」だと思って、どんどん苦しくなっていったから。

 

△悗弔鼎

 

 

Posted by tekuteku328
妊娠 出産 治療 / 20:28 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 20:28 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://tekuteku328.jugem.jp/trackback/408
TRACKBACK